みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 僕が若い頃は一杯飲み屋や大衆食堂で友達の輪ができた。
痩せているくせに酒ばかり飲んでいる僕を見て、野球の得意な男が「らんぼうさん、少しは運動しなくちゃ。
キャッチボールでもやろうか」と言い、ドラえもん広場のような空き地でキャッチボールを始めた。
ラーメン屋、薬局の社員、銭湯の息子、それに学生達がぞろぞろと集まって来た。
「これならチームができるよ」と誰かが言い出し”むさしのランボーズ”が誕生した。
 ピッチャーは法大工学部のK君が務めた。
彼はそれまで野球とは無縁だったが、ボールを投げさせたら一番速かった。
僕は不動のセカンドと呼ばれた。
文字通り打球が来ても動かなかったからだ。
右に球が飛んで来れば「ショートに行ったぞ!」と叫び、左に来たときは「ファースト!」と声を張り上げた(笑)。
 それでも試合をすると勝った。
当時吉祥寺ジャズジャイアンツというチームがあり、今は亡き吉祥寺ジャズの草分け、野口伊織さんが率いていた。
彼らは僕らをあなどり大敗した。
その後しばらくうまい酒が飲めた。
 数年後伊織さんは僕の結婚記念野球と称して、結婚した翌日に試合を申し込んできた。
「男なら受けてみろ」と彼が不敵に笑うので「分かった」と乗った。
 寝不足、宿酔いなどもあったが、この日は相手のピッチャーの球に、バットがかすりもしなかった。
それもそのはず現役の大学野球部のレギュラーピッチャーだった。
 しかし負けは負けだった。
吉祥寺に行くと耳にタコができるほど、自慢話をされた。
 僕らはさらに精進し、川崎球場で試合をしたり、最後は元中日のスラッガー江藤慎一率いる、報知新聞選抜チームと
後楽園球場で対決した。
僕のチームの応援には現ダイエー投手コーチの尾花高夫が来てベンチに入った。
 試合は一対0で負けた。
僕らのフィールドオブドリームだった。
今飲み屋で客同士で誘い合うことはなく、ドラえもん広場もない。
15.縁は異なもの味なもの > 青春の道標の目次へ > 13.なるほどこれならやれるかも