みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
 ある日山の講演をした。
その中で僕は「山は逃げませんから慌てず登りましょう。
荒天の場合は無理せず、また来年登れば良い」というふうなことを話した。
 講演後の懇親会で一人の御婦人が僕に話した。
「私は若いころ山で主人と知り合ったんです。
山でプロポーズされて結婚しました。
ところが結婚してからは夫の仕事が忙しくなるし、私は私で三人の子供の育児に追われて、山どころではなくなっちゃいました。でもそのころはまだらんぼうさんと一緒で、山は逃げない、そのうち登れると思っていたんです。」
「でもね、らんぼうさん。
いくら忙しくてもやりたいと思うことは、その時にやらなくちゃ駄目だわ。
私は三人の子供も次々に独立していって、そろそろ登山ウェアでも買おうかしらと思っていた矢先に、夫が倒れたの」
 そう言って彼女は口元をふるわせた。
その介護に15年かかって、昨年夫は私を置いてきぼりにしちゃったのよ。
見て私の白髪、まるで女浦島太郎みたいでしょう。
山は逃げないけど、年齢が逃げていっちゃうのよ」
 笑う目から、涙があふれた。
彼女は慌ててテーブルに走り、ビール瓶をわしづかみにして戻ると「ごめんなさい湿っぽい話になって」と言いながら、僕のコップに
ビールをなみなみ注いで床にこぼし、また謝った。
 僕はお世辞でも何でもなく「お若いですよ。
まだ山へ登れますよ」と言うと、「そりゃあそうよ、子供三人育てあげ、夫一人をあの世にしっかり送り届けたんですからね」と
開き直る。
 ようやく華やぎと、本来の気丈な性格が戻ってきたようだ。
「それで本当に遅ればせながら、やっと自分の時間ができて、今日お話を聞きに来たの。
週末は高尾山につれていってもらうのよ」
 数人の中高年男性がペコリと頭を下げた。
どうやら女性の新しいハイキング仲間らしい。
 私にできるかしらと何度も繰り返しながら「夢は独身時代に登った白馬岳にもう一度立つことよ」と、語る姿は少女の
ようだった。
大丈夫、山は逃げず待ってますよ。頑張れ!
6.「鳩」改め「カッコウ時計」 > スローライフの目次へ > 4.ジャイアント馬場が座った席