みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
宮城県生まれの僕が、忘れられない古里の料理は「ズネモチ」である。
ゴマモチのようでもあるが、微妙に違う。
ズネはちょっと見るとナタネのような種子である。
中学になったころから作らなくなり、こちらも東京に出て忘れてしまっていた。
 それでも東京の友達には「宮城県というとズンダモチが有名だけど、ズネモチの方がおいしいよ」などと話したものだ。
しかし食べたことも見たこともない友達には、実感不足でピンとこない。
こちらもうまく説明しきれず、いつも話は尻切れトンボになった。
 それである時父に聞いたら「ズネというのは東北弁だよ。
本当はジュウネとかジュウネンと言うんだ」と聞かされた。
また自分で調べたらエゴマともいうそうで、むしろ全国的にはこちらの名の通りがいいのだという。
エゴマというけれどシソ科の植物だ。
 昔は近所の農家でもみなジュウネを作っていた。
植物油をとっていたらしいが、ナタネ油に押されて作る人がいなくなったのだという。
[日の当らない所でも育つし、寒さに強いから、作りやすかったんだけどね。今は作る人ないよ]
 その通り、ジュウネは姿を消した。
ところが昨年福島で突然ジュウネモチに出会った。
地元の人が地域振興の一環として、縄文時代から食べていたであろうとされる、ジュウネを作付し始めたのだ。
 「ああ、この味。この香り」と言うと、みんなは「ジュウネの味を知ってるのか?」と驚いていた。
「これを僕も作りたいなあ」と熱く語って別れたものだ。
 そして今春、僕の所に、ジュウネの種が届けられた。
はたして生前父が語っていたように、簡単に作れるものかどうか、僕はドキドキしている。
畑の先生、亀田不二雄さんに話したら「ジュウネなんて見たこともありませんよ」というから、自分の責任で種を蒔いてみよう。
他のシソと一緒の畑だと、交雑していい種ができないらしい。
まあ秋には僕のズネモチが食べられるかどうか。
見るからに小さな種であるが、どこか夢の種を蒔くような、ときめきを感じる。
27.新歯磨き特訓に四苦八苦 > スローライフの目次へ > 25.母、優子逝く