みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
 これまで何度帰省しただろうと思った。学生のころは鈍行列車だった。
7時間半かかって仙台に着き、そこからバスに乗り換えて、1時間40分で、ようやく田舎の街に着いた。
特急列車になり、やがて新幹線に変わり、今では東京駅から2時間半もあれば、玄関先に立つことができる。
 このようにアクセスは早くなったが、田舎に帰るときは、いつも心が優しくなった。
嫌なことがあったり、気が晴れない事があっても、古里へ向かう列車の中では、なぜか癒されるように感じた。
固い心が揉(も)みほぐされていく。
 古里というのは一種のクスリである。
そこの空気を吸うだけで、人は元気をとり戻す。
盆や正月に、“墓参り”などといって、渋滞覚悟で帰省するのも、本当のところそうしたクスリに飢えているだけなのだ。
 昔大学や就職などのときに、慌てて荷造りをし、必要最小の荷物とともに都会に出た。
そのバッグに入り切らない物たちが、田舎に置き去りにされた。
子供のころに得意だったベーゴマとか、ターザン小屋とか、秘密の釣り場とか、おばあちゃんとよく散歩した小道とか、鎮守の
森とか、みんなバッグに入らなかった。
そうしたものが都会に出て結婚し、子供ができ、会話ができる年ごろになると、突然よみがえってくる。
「そうだ、お父さんがよく閉じ込められた蔵を探検に行こう」などといって、家族で帰省してくるのだ。
墓参りはそのついでに過ぎない。
 我が家の場合、小学校低学年だった娘たちは、かつて僕が閉じ込められた蔵で、アオダイショウの抜け殻を首に巻き、
僕の通信簿を発見したといっては、鬼の首をとったような騒ぎだった。
父母の笑い声が響いた。
 今年の春僕らを育ててくれた、義理の母が亡くなり、僕の生家は空き家になった。
先日のお盆に帰省したが、どうもこれまでとは違う。玄関の前に立ち「ただいま」の声がひび割れた。
ベーゴマやターザン小屋が崩れていくのが見えた。
 小さな家族の小さな歴史が終ったのである。
窓を開けるとうなるような蝉(せみ)時雨だった。
21.カフェ「猫の時間」 > スローライフの目次へ > 19.八丁庵の集い