みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
 トウガラシは「唐辛子」と書くので、中国から渡来したのだろうと思っていたが、どうやら秀吉の朝鮮出兵のときに持ち帰った
もののようだ。
元々は熱帯アメリカ原産で、1493年にコロンブスによってスペインに入った。
その後欧州に広がり、インド、東南アジアを経由して、中国には16,17世紀に入った。
 日本ではうどんの薬味として欠かせない存在となり、醤油や味噌との相性がいいので、米飯文化に適合して
今日に至っている。
各種ビタミン類が多く含まれているうえ、キムチなどを食べてみてもわかるように、食欲増進効果が著しい。
僕の子供のころはよく、“辛子味噌”とよぶ、シソの葉でくるんだご飯のおかずが出た。
熱いご飯に乗せると、一個で一膳(ぜん)食べちゃうほどだった。
これもトウガラシ効果だったのだろう。
 こんなわけで、まだ山荘の畑がないころから、プランターでトウガラシを作っていた。
今も5月に鷹の爪という、いかにもピリカラ風のトウガラシの苗を5鉢ほど買い求めて、畑に植えている。
少ないようだが、これで我が家の1年分である。
9月ごろのまだ青い実のうちから、スパゲティーの具などに利用し、赤く熱したら部屋につるしてドライフラワーと一緒に飾る。
娘たちはクリスマス飾りに使ったりしていた。
 この間も、必要に応じてつまんでは消費するのだが、正月も過ぎるころには乾いてカラカラになる。
そこですべてをもぎ取り、すり鉢に入れて粉にする。
これが意外と大変で、ベランダなど屋外でやらないと、クシャミが止まらなくなる。
マスクなどをしてやるのが正しい。
僕はタオルを顔に巻いて作業する。
 この“一味”が逸品である。
たぶん、どこで買ったトウガラシよりもうまい。香り豊かで、辛いのに甘く、甘いのに辛い。
微妙なくすぐりが食欲を刺激する。
ただし、酒が飲めない人がいるように、辛いものがからきし駄目という人もいるので注意が必要だ。
 それにしても、トウガラシとコショウ、うまく住み分けて、どちらも食生活に欠かせない。
19.八丁庵の集い > スローライフの目次へ > 17.南米で出会った「女神」