みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
 相撲人気に陰りが見えているらしい。
九州場所の前半戦などは、テレビで見てもガラガラだった。
後半戦に入ると琴欧州の大関とりや横綱朝青龍の、史上最多の年間勝利などの話題で大いに盛り上がった。
 こうした外人力士の活躍の中で、福岡の観客は地元出身の大関魁皇に対する声援が格別だった。
千秋楽の琴欧州戦など、観客の後押しで勝ったのではと思うほどだった。
 昔大阪で二代目若乃花と北の湖の優勝決定戦を見ていた。
館内のほとんどが若乃花に声援する中、一人「北の湖」と大声を張り上げたので、一瞬場内が静まり返った。
そこでその男は「負けろー!」と続けたので、場内が大爆笑につつまれた。
勝負は観客のおもわく通り若乃花が勝って留飲が下がった。
 九州場所の幕内下位では栃乃花に注目していた。
まず八勝をと思っていた。彼は元小結。
けがで幕下まで落ちたが、努力してはい上がってきた。
それが十一勝して涙の敢闘賞に輝いた。
 大相撲を楽しむコツに、若手の有望力士を追いかけろ、というものがある。
たとえば九州場所で幕下優勝した沢井だ。
沢井は埼玉栄高校時代に高校横綱となり、昨年の全国相撲選手権で三位になった。
高校生でベスト四に入ったのは、関脇琴光喜以来である。
 この時の模様をテレビで見ていた。
沢井は学生横綱の吐合を予選リーグで破り、準決勝で再び当たってまた勝った。
これは本物だと思ったものだ。
今年の一月場所から大相撲入りし、序ノ口でまず優勝し、年六場所のうち三回優勝した。
次の初場所では十両入りがねらえる地位になる。
本名沢井豪太郎、千代の富士みたいな、前まわし取ったら一気に走るという魅力たっぷりの相撲だ。
うーん初場所が楽しみだなあ。
 もう一人沢井の高校時代からのライバル、影山もすごい。
こちらも九州場所三段目優勝している。
なんとなく柏鵬時代をほうふつとさせる二人の関係ではないか。
二人とも相撲の基本がしっかりしている。
こんなふうに若手力士に注目すると、大相撲ががぜん楽しくなるのである。  
(注)沢井は現在豪栄道、影山は栃煌山となり幕内で活躍している。
16.犬は近所の”親善大使” > スローライフの目次へ > 14.開かずの旅行カバン