みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
 富士山頂で山小屋が消灯になると、天の川が本当に星の砂を敷きつめたようになる。
都会では決して見ることのできない、奥行きのある天体を見上げていると、星酔いしそうになるほどの、星のひしめきを
目のあたりにすることができる。
いつもは空は広いな、と思うのだが、この夜ばかりは「星がぶつかりそうで狭いなあ」とつくづく思ったりする。
 東の下界には、橙(だいだい)色にうごめく大東京がある。
昼間は何も感じなかったのに、夜景になると街は巨大生物のように不気味だ。
人間の集合体なので、生き物の住む場所には違いないのだが、都市そのものが生きているように思うのは、
闇の演出なのだろう。
 何年か前にニュージーランドのフォックス氷河周辺を歩いた。
この辺りは南島のウエストランドと呼ばれる地域だが、雨が多いので土地の人々はウエットランドという。
 山小屋に泊まった日も雨が降り続いていた。
夕食後に各国から来たトレッカーたちとの、楽しい交換会が終って、消灯になると真っ暗闇になる。
それぞれ2段ベッドの枕元に、ヘッドランプなどを置いて寝るのだが、夜中に誰かがトイレから戻って来た。
しかし、我々男性の部屋からは誰も出ていないはずだ。
おかしいなあ、と思っていると、その人は手さぐりで誰かの顔をさすったらしい。
さすられた方はびっくりしてうめいたが、さすった方が悲鳴を上げた。
なんとある女性が部屋を間違えて、男部屋に入り込み、自分のベッドとおぼしき所に寝ている人の顔をなでたのだった。
 突然起こった悲鳴に全員跳び起きて、ライトをつけた。
隣の部屋にも声は響き渡り、騒然となった。
 「ごめんなさい懐中電灯がどっかへ行っちゃったの。
だって、真の闇なんですもの」というわけで以来このことは「真の闇事件」として、長く酒の席の肴(さかな)となった。
ともあれ今や電灯のない暮らしなど、考えられなくなってしまった。
思えば電灯の歴史は、わずか200年ほどしかない。
それまで170万年間、火が人類の明かりだった。
14.開かずの旅行カバン > スローライフの目次へ > 12.サッチモ少年が聞いたジャズ