みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
 学生で賑(にぎ)わう御茶ノ水の一角、古き良き香りを残す、アテネフランセ文化センターで、客のほとんどが小粋な
熟年者という、愉快なコンサートが始まった。
 「少年サッチモが聞いたジャズ」で、この夜は第1回目である。
出演は結成30周年になる外山善雄とデキシーセインツの皆さん。
 ジャズの神様サッチモ(本名ルイ・アームストロング)が、少年時代に聴いたであろうとされる音楽を演奏するのだが、
今風にアレンジするのではなく、できるだけ当時の譜面で、しかも当時のコルネットで吹く。
当時というけれど、考えてみれば100年前にタイムトリップさせられ、サッチモ少年となって耳をそば立てているのだ。
 外山さん夫婦は、1968年から5年間、サッチモの故郷ニューオーリンズに武者修行に出掛けた。
そのときには存命だった、ニュ−オーリンズジャズの大物たちとのジャムセッションや交流のエピソードが、スライドとトークで
綴(つづ)られ、大変説得力があった。
「初めてニューオーリンズに行って、たまたま黒人の葬儀があり、葬列を組んで演奏する人たちを撮影することができました」と
外山さんが語るお宝映像も良かったし、バディー・ボールデンからフレディー・ケパード、そしてサッチモの師ともいうべき、
キング・オリバーの演奏へと流れていく。
 ゲスト解説のジャズ評論家、瀬川昌久さんの話も軽妙でいい味わいだった。
「フレディー・ケパードはレコード吹き込み第1号になるはずだった。
しかし、レコードになったらみんなに真似(まね)されて駄目になる」と考え、吹き込みを断った、などという今では考えられない
こともあった時代のようである。
 さてこの演奏会の第2回は、10月12日(水)に同じアテネフランセ文化センターで催される。
次は「サッチモの黄金時代」というから、おなじみの曲が並び一段と熱くなるに違いない。
13.山小屋「真の闇事件」 > スローライフの目次へ > 11.カミさんのフリーマーケット