みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
みなみらんぼうのスローライフ
2003年〜2005年まで日経新聞夕刊に大好評
連載された“みなみらんぼうのスローライフ”が
帰ってきました。
ある人はなつかしく、又ある人は新鮮な共感を持って
らんぼうワールドをお楽しみください。
 僕の家の近くに、西久保公園という緑に囲まれた場所がある。
2人の娘が小さい頃(ころ)はよく散歩に連れ出した。
サッカーボールをける少年がいたり、ゲートボールに興じる老人たちがいたり、砂場やすべり台で遊ぶ親子がいたりする。
サクラの頃は花見会があり、盆の頃は夏祭りもあって、夜店で釣った金魚が10年近く生きていたりもした。
小さな公園で、普段は忘れているが、どこか濃密に家族とかかわってきた。
 5月の日曜日。
西久保公園では町内のフリーマーケットが開かれた。
うちのカミさんはママさんサッカーチームに所属していて、今年は「新しいサッカーボールが欲しい」と一念発起し、チームが
持ち寄ったガラクタ、いや、お宝などを売る気になっていた。
それで、ねえ、お父さんのこの靴一度もはいてないでしょう?という。
先のとがったファッショナブルな靴も、げた箱の奥から引っ張り出され、1000円の値札が付けられた。
いつかは晴れやかなパーティーの時にでもはこう、と思っていたのにお別れだ。
 こうして部屋はネコが歩けないほど、売り物でいっぱいになり、カミさんも「全部叩(たた)き売ってやるわ」と意気込んでいた。
ところが当日は今にも雨が降り出しそうな天気。
前日からやきもきしていたが、何とかセーフ。
僕も押っ取り刀で駆けつけると、なかなかの盛況ぶりだった。
 知り合いの実効委員、山下倫一さんはニコニコし「いやあ、降らなくてよっかたですよ。
みなみさんの奥さんの所は、けっこう売れてるようですよ」という。
そっと近づいて見ると、老婦人が渋いポシェットをとり「これいくら」と聞いている。
カミさんが「500円です。
こちらのスカーフと一緒だと、700円」というと老婦人は「まあ」と驚き、700円を差し出すと、袋にも入れず持ち帰った。
どうやら好調のようだった。
僕も腰もみセットを500円で買った。
 こんなわけで、サッカーチームの売リ上げは22000円強とか、ボール7個ぐらいは買えそうである。
ただし、例の僕の靴は最後の最後500円でも売れず、我が家に帰って来た。
12.サッチモ少年が聞いたジャズ > スローライフの目次へ > 10.自信みなぎる友の歌声