みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 僕の大学時代は、ケネディが暗殺されて、東京オリンピックがあって、学生運動が盛んで、ビートルズがやって来て、
気がついたらもう卒業だった。
華の六〇年代まっ盛りの頃だった。
世の中は高度経済成長を示し、人々の中流意識が高まっていった。
 僕は法大時代に広告研究会に所属していたので、デザイン会社に就職したが、肌が合わずやめ、Fさんの紹介でラジオの
台本を書くようになった。
 僕は当時出現したラブホテルの見取図などを台本にし、出演の豊原ミツ子さんは「まあ、こんなふうになってるの?
面白いわネエ!」と喜び、番組が盛り上がった。
 ラジオに歌手のゲストも来た。
彼らが出演している間、手持ぶさたのマネージャーと話すことがあった。
ある時「いい楽曲が欲しい」とあるマネージャーが言った。
「時は金なり、歌手は曲なりです」と。
 僕はFさんにテープを聞かせた。
「酔いどれ女の流れ歌」が入っている箇所を、彼は何度も繰り返し聞き「いいよこれ」と言った。
 Fさんにビクターレコードの大物ディレクターを紹介された。
スタジオの喫茶店で待ってると、驚いたことに、すぐそばで森進一が打合わせをしていた。
ディレクターが森さんにヨオーと声をかけて僕のテーブルに来た。
 あらかじめテープを聞いていたディレクターは挨拶もそこそこに「新人で行くよ。絶対ヒットするから、君も早くペンネーム
考えなさい」と、性急だった。
僕の運命が急転回した。
 帰りしなディレクターは、真面目くさった顔をして僕を呼び、耳に口を寄せてこう言った。
「本当にこの曲は君が作ったんだろうね?」「当然です」と答えると「いや失礼、君の若さでこの完成度だからね。
立場上聞いておかなくちゃいけないんで」
 そう言って僕の肩をポンと叩いた。
トイレで鏡を見た。
なるほど僕はただの若造だった。
10.武蔵野「この町に住もう」 > 青春の道標の目次へ > 8.『モナリザ』二十歳の誕生日