みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 学二年の冬、渋谷の東横デパートでアルバイトをした。
オモチャ売場に配属され、主にオルゴールを売った。
買ってくれそうな客が来ると、ネジを巻いて音楽を流した。
たいていは無視された。
 日給八百円。
それを十日分まとめて支払われた。
初めての給料が出た夕方、さすがに満ち足りて渋谷をブラブラした。
街はクリスマスムードにあふれていた。
 坂道の途中で若い女性に声をかけられた。
子猫に似たしなやかな身体で、店に来ないかと誘う。
指差した店の名前が『モナリザ』。
女性の魅力に負けたのか、モナリザの名前に安心したのか、あるいは胸ポケットの八千円に気が大きくなったのか分からない。
僕は寒そうに震える女性を押すようにして店に入った。
 店内には客はいなく、僕が座ると店の女性五人が全員僕のテーブルを囲んで座った。
ビールを注文すると、女性達は「私もいただいていい?」などと言い、勝手にオードブルまで出て来た。
 僕と同じ年頃の猫顔の女性は、またコートを羽織って外へ出て行ったので、僕は年増相手に三十分程、ボブ・ディランや
ビートルズの話をした。
全然盛り上がらなかった。
その間客は来ず、猫顔は外で震えていた。
 「そろそろ帰る」と潮時を告げると、モナリザとは似ても似つかないママが、八千円と書いた請求書を出した。
僕は給料袋だけをポケットに戻し、中味を数えもせずカウンターに置いた。
悶着覚悟のママは、ニッと笑って「お客さんよく見るとハンサムね」と言った。
 外に出て坂を下りかけると、猫顔の女性が僕の腕を取って誘おうとし、顔が合って気付き「あら、もうお帰り」と慌てた。
 僕は映画の高倉健みたいに「風邪を引くぞ」と言ってやった。
ハンサムねと言われたのが頭にあった。
下宿に帰ったら同郷の若奥さんが「南さん誕生日おめでとう」とケーキをくれた。
とんだ二十歳の誕生日であった。
9.僕の運命が急転回した日 > 青春の道標の目次へ > 7.南って天才かも知れないね