みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 昭和三十八年上京した僕は、目黒に下宿を見つけた。
四畳半一間で二食付き、一ヶ月一万一千五百円だった。
 その年弟が修学旅行で上京したので、訪ねたら土産で買ったらしいウクレレがジャマだから、僕に預かってくれという。
僕はウクレレを下宿に持ち帰り、ときどき爪弾いた。
そのうちに古本屋で教本を見つけコードを覚えた。
 それがいつかギターに変わった。
自己流で『君といつまでも』や『空に星があるように』などを歌い、夢中になった。
この年の冬、父親はコタツを買うための金を送ってきたが、僕はその金でテープレコーダーを買った。
そのため東京で迎えた最初の冬は暖房機具なしだった。
しかし東北から出て来た僕には、東京はちっとも寒く感じなかった。
 そのうちコードを繰り返し弾いているうちに、ふと新鮮なメロデーが口をついて出ることがあり、もしかしてこれが作曲という
ものではないだろうか?と思うようになった。
僕はテープに吹き込み、友達に聞かせた。
友人のY君は「いいね。ユニークだね。南って天才かも知れないね」とおだてた。
 僕は作詞・作曲に没頭し明け方まで寝なかったので、それでずいぶん周囲に迷惑をかけた。
ドアに毛布を張ったり、音の漏れない工夫を色々やったが、ギターを指で弾いていたのでは、どうしても音が大きくなる。
そこで究極の技ともいうべき、絵筆の先を切って、毛の部分で弦をなでるように弾いた。
 まあ、それでもずいぶんはた迷惑だったろう。
下宿の若奥さんが僕と同郷で、ずいぶんとかばってくれたのを有り難く思い出す。
 電車に乗ったときは、次の駅に着くまで一曲考える、という遊びをやった。
詞とメロデーを同時に作るのである。
ここでもY君が「うーん、七十点」などと判定役だった。
まるで江戸時代の連歌会のようだった。
 ただ、当時は作詞・作曲家になろうなどとは、露ほどにも考えていなかったのである。
8.『モナリザ』二十歳の誕生日 > 青春の道標の目次へ > 6.この金で東京へ行って頑張れ