みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 昭和三十八年大学受験のため上京した。
東京には転校した友人がいて、三校を受験する一週間ほどやっかいになった。
 受験日の前日には緊張をほぐすためと言って、寄席に落語を聞きに連れていかれた。
ちょうど志ん朝の真打ち披露の日だった。
東京ぼん太や歌奴の話に涙を流して笑いころげた。
 翌日試験が終わると、二〜三日休みになるからといって、今度は当時流行していたジャッズ喫茶に、ミッキーカーチスや
鈴木章治を聴きに行った。
鈴木章治が演奏をほぼ終えたところで客に「何かリクエストはないか?」と訊いた。
僕は「ハイ!」と手を上げ「『鈴懸の道』」と叫んだ。
彼は「それではイガグリ頭の学生さんからいただいたリクエスト、鈴懸の道をやりましょう」と言って演奏を始めた。
客はドッと湧いたが、僕は得意絶頂だった。
 受験結果は第一志望が落ち、第二志望に合格した。
僕は第二志望だった法政大学の社会学部に進むことを決めた。
 合格通知が届いてしばらくしたある夜、父がホロ酔いで帰宅した。
弟と僕のいるコタツの上に、腹巻きの中から取り出した包みを置いて、僕に開けて見ろと言った。
 弟と奪い合うようにして包みを開けたら、一万円札がトランプのように舞った。
全部で二十枚あった。
前年この新一万円札が発行されたばかりで、僕はこの夜初めて一万円札を見た。
 当時新任の教師の給料は一万八千円ほどだったので、二十万円がいかに大金か判る。
「どうしたのこのお金?」と訊くと、父は「じいちゃんの残した田んぼ、二反売って来た」と答えた。
「この金で東京へ行って、頑張れ」。
 僕は涙を見られるのが嫌で席を立ち、暖房のない自室で毛布を被って泣いた。
 その夜僕は田をかついで東京に行く夢を見た。
同時に家族の有り難さが身に染みたが、これらは東京に出てケロリと忘れてしまった。
7.南って天才かも知れないね > 青春の道標の目次へ > 5.黒板にはアルチュールランボー