みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 宮城県築館高校は、名にしおうバンカラ校だった。
頭は丸坊主で長髪は許されなかった。
登校には下駄か高下駄(足駄)で、汚れた帽子を被った。
それで田舎の商店街を流し歩くのである。
時には下駄に石が引っかかったり、雪がはさまってころぶことがあった。
 喧嘩のときは下駄を持って相手を威かくし、不利と見ればそのまま裸足で逃げた。
昭和三十年代なのに、小説『坊ちゃん』のような日常だった。
 バレー部に入った僕は胃弱だった。
合宿では消化が良くなるといって、カマドの消し炭を食わされた。
まさに砂を噛む味だった。
「うまいか南」と先輩が訊くので「まあまあです。先輩もどうぞ」と強がった(笑)。
 朝遅刻をすると、どんな理由であれ、裸足で一周四百メートルの校庭を走らされた。
雨でも雪でも裸足が原則だった。
 この質実剛健の校風に、不似合いな生徒がいた。
A君である。
彼は英語が得意で、フランス語を習っていた。
僕の家とは町の反対同志だったので、あまり親しくはなかったが、同じ音楽好きと知ったのか、A君が話しかけてきた。
そして「南君、うちにエデットピアフを聞きに来ない?」と誘った。
 僕は当時町で一番先に、E・プレスリーのレコードを注文する少年だったが、A君は仙台にまで買いに行き、ときには
ロードショーを見て帰るのだという。
ショックだった。
「南君、コーヒーにする、それともお茶?」と訊かれた。
うーん、僕はそれまでコーヒーというものを飲んだことがなかった。
 A君の部屋で『愛の讃歌』を聴いた。
この歌は狂おしく僕を包んだ。
成熟したフランスのぶ厚い文化を感じた。
A君は原語を正しく発音し、分別のついた大人のように優しく解説してくれた。
黄金のひとときだった。
 いつか母校を訪ねたら、A君が走って来て僕の手を握った。
その眼が潤んでいた。彼は不似合いなはずの母校で英語を教えていた。
5.黒板にはアルチュールランボー > 青春の道標の目次へ > 3.心の奥にオクラホマミキサー