みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 結婚した年に「山口さんちのツトム君」が大ヒットした。
ちょっと風変わりなタイトルだとは思っていたが、むしろ地味な歌だと考えていた。
NHKの『みんなのうた』で発表するや、全国から反響があった。
 普通歌がヒットすると、歌手が脚光を浴びる。
作者は黒子だ。
しかし、この歌をうたったのは小学生の川橋啓史君で、ヒットの兆しが見えた頃はレコード会社から、多くの共作盤が出た。
勢いインタビューなどは僕のところに集中した。
 「この歌のモデルは誰ですか?」という質問が多かった。
当時は山口百恵の全盛期で新党ブームのさきがけ新自由クラブが、山口敏夫らで旗揚げされた年でもあった。
しかしたまたま山口という姓の少年が登場しただけだったので、質問のつどモデルはないとかわした。
 歌が誕生してから十五年経ったある日『みんなのうた』が三十周年を迎えたというので記念誌を出すという。
そのエッセイに「山口さんちのツトム君」のエピソードを書いてくれと依頼された。
 僕は例によってこの歌のモデルは誰でもないと書き進めたが、ふと筆を止めた瞬間に思いがけないことがひらめいた。
「あっ、この歌に出て来る山口ツトムという登場人物は、自分自身だった」という思いである。
 これまで山口という姓にばかりこだわっていたが、この中にうたわれている内容は、中学一年の頃に母を亡くした
僕の心情そのものだった。
絵本を見せるって誘っても「あとで」とすねている子供は、まぎれもなく僕であった。
この歌にモデルはいたのだった。
 僕は歌の不思議さを思う。
母と暮らした愛しくも濃密だった時間は、亡きあともこれほどの秘めた力となって作品を後押しする。
この歌の印税で家を建てたので、友達は「みなみさんちのツトム君ハウス」とからかった。
17.お父さん、人生の華ね > 青春の道標の目次へ > 15.縁は異なもの味なもの