みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 ラジオ出演テレビ出演ときて、次はコンサートだった。
レコーディングでさえ悪戦苦闘したのに、舞台の上で何曲も歌う力量はなかった。
初めはなぎら健壱のゲストで二曲歌った。
それでメドがついて次はジョイントコンサートだった。
当時十九歳の千代正行がガットギターで僕のバッキングをした。
彼は僕がコードを間違えると、とっさに自分もそのコードを弾いた。
多くの客は僕の間違いに気付かずにすんだ。
 なぎらさんのステージを見て、僕はやり方を学んだ。
彼は半分以上話し笑わせ、たまに歌った。
「なるほど、これでいいのか、これならやれるかも知れない」と悟った。
しかし甘くはなかった。
 ある夜新宿の「ルイード」でライブコンサートがあった。
客はまずまずの入りだったが、僕は風邪気味で疲れていた。
いつもなら二三杯ひっかければ正常になるのだが、その夜はかえってボルテージを下げた。
オハコのギャグでは先にオチを言ってしまったり、歌詞を間違えたりした。
こんな夜はあり地獄に落ちたありのようになる。
盛り上がらずステージが終わった。
 その楽屋に予期せぬ訪問者があった。
「まあ良かったわ、すごく楽しかった!」。
百万本の、いや普通のバラの花束をかかえた加藤登紀子だった。
僕は訪ねていただいた喜びよりも、不調な歌を聞かれてしまった不運の気持ちの方が強く、軟弱な言い訳をした。
 お登紀さんはさえぎり「誰にでも好不調はあるの。でもあなたの個性はちゃんと出てた。となりに座ったお客さんは一緒に
歌ってたわよ」
 そのころ、僕はそろそろ潮時かなと思っていた。
「レコードも出したし、コンサートもやったし、充分満足した」と。
 お登紀さんはそれを見透かしたかのように、「しっかりしなくちゃ駄目」と、登紀子スマイルを見せた。
お登紀さんは僕の「酔いどれ女の流れ唄」や「ともだち」などをカバーした。
14.僕らのフィールドオブドリーム > 青春の道標の目次へ > 12.じわりと売れ始めた頃