みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 「ウイスキーの小瓶」のレコードを出した当時、どこからともなく若者たちが集まって来た。
彼らは手弁当でラジオのリクエストハガキを出した。
レコード店回りをしたり、チラシを配ったり、学園祭に売り込みもした。
 ある日どうしたら有線放送で曲をかけてもらえるか?という話になったとき、S君が言った。
「僕が有線放送にアルバイトに行く」と。
すごいアイディアだった。
S君は武蔵野の盛り場にある有線放送会社に入り、主任の目を盗んでは、ウイスキーの小瓶をかけ続け、とうとう首になった。
しかし給料はもらった。
 ある日ラジオ番組にゲスト出演したとき、ディレクターが苦笑しながら言った。
「らんぼうさんリクエストハガキ、もったいないからもう出さないで」。
どうやら、組織票は見破られていた。
「そうと分かっていても、こう毎週リクエストが来ると、ついレコードかけちゃうんだ」とディレクターは頭をかいた。
寄り切り勝ちだった。
 学生たちがアルバイトしていた「ひげ」という焼鳥屋でラジオのライブ放送をやった。
狭いカウンターにマイクを置いて歌った。
後にも先にも焼鳥屋のライブというのは聞いたことがない。
 レコードがじわりと売れ始めた頃、僕は深夜自転車を走らせていた。
うしろに車の気配を感じて振り返るとパトカーだった。
まずいことに電燈の豆が切れていた。
僕は路地を曲がり、振り返るとパトカーの姿が見えないので、ホッとして大通りに出たら、そこでパトカーが待っていた。
酔いがさめた。
「そんなに急いでどこ行くの?」と警察官。
「友達のうち」
「それじゃ分かんない。住所は?」
「どっちの住所ですか?」
「おっ、言うね。酔ってるな。仕事は?」
「歌手」
「名前は?」
「みなみらんぼう」
「バカにするんじゃない」
 いやはや。思い出の珍問答だった。
13.なるほどこれならやれるかも > 青春の道標の目次へ > 11.とうとうお前はカスになったか