みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
青春の道標
日本経済新聞に連載されたものです。
 「酔いどれ女の流れ唄」がヒットしたことは、ある意味で不幸だった。
ジャズやカントリー、フォークソングばかり聴いていた僕には、演歌という項目はなかった。
 「酔いどれ−−」のヒット後、演歌や歌謡曲の注文ばかりが来た。
僕はうまく対応できず、作詞・作曲家としての人気は、急速に冷えた。
 しかし、時代はエレキブームからフォークブーム、そしてシンガーソングライターの時代へと移行していた。
自分の言葉で自分の生き方を歌う時代になった。
 ある日JR三鷹駅に降り立った。
北口のシデの木の下に「山林に自由存す」と書かれた国木田独歩の石碑があった。
学生時代読んだ「武蔵野」がなつかしかった。
僕は木々を仰ぎ見ながら「この町に住もう」と決めた。
 わずかばかりの荷物を友人のトラックに積んで、バス通りのアパートに越して来た。
友人が「じゃもう帰るよ」と帰った夜、1LDKの部屋は海のように広く茫洋としていた。
僕は心細さに震えた。
 この頃体調は最悪だった。
そのくせ飲み屋に入り浸っていた。
誰かが僕に連絡をとりたいと言えば、飲み屋の名刺を渡した。
一つ二つ恋らしきものもしたが、うまく行かなかった。
腹いせに憎まれ口を歌にした。
「ウイスキーの小瓶」である。
 めずらしくこの歌に引き合いが来た。
日本フォノグラムのディレクターKさんが、僕のアパートに新人の俳優中村雅俊を連れて来た。
この有望新人は下駄を履いていた。
聞くと出身が宮城県石巻高校。
僕の築館高校とは兄弟校だった。
縁を感じた。
 しかし「ウイスキーの小瓶」は雅俊さんの幻のデビュー曲になった。
彼は当時若く、他にふさわしい曲があるはずだ、と保留になったのである。
この宙に浮いた「ウイスキーの小瓶」が、僕に回って来た。
ディレクターは電話で僕に言った。
「らんぼうさん、一生の思い出にレコード一枚出さないかい?」と。
11.とうとうお前はカスになったか > 青春の道標の目次へ > 9.僕の運命が急転回した日