みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
   みなみらんぼう(シンガーソングライター)
   1944年宮城県栗原市生まれ。
   法政大学社会学部卒業後、ラジオ台本作家を経て71年「酔いどれ女の流れ唄」で作詞・作曲家として
   デビューし、73年に「ウイスキーの小瓶」で歌手デビューする。
  
   子供の世界を描いた作品も多く手掛け、76年に「NHKみんなのうた」で発表した「山口さんちのツトム君」
   ミリオンセラーを記録し世代を越えて、多くの人に歌い継がれている。
   コンサート活動の他、テレビのリポーター、ラジオパーソナリティー、執筆活動と多方面に亘り活動を続けている。
   自然に関する知識も豊富で、特に植物に関しては造詣が深い。
   エッセイ「おばあちゃんと花」は中学一年生の国語教科書に採用された。

   最近では山歩きをライフワークとして、四季を通して国内外の山に登り、新聞・雑誌などに山旅のエッセイを
   発表している。
   平成12年11月より東京都武蔵野市の教育委員。
   平成24年に教育委員を退任。

   ちなみに「らんぼう」という名前はフランスの詩人アルチュールランボーにあやかり付けた名前である。