みなみらんぼう 公式サイト
みなみらんぼう オフィシャルサイト
みなみらんぼう みんなの広場
みなみらんぼう 公式サイトのTOPへ
プロフィール
これまでに出版された書籍
これまでに販売されたCD
お問い合わせ先
ともだちの輪リンク
サイトマップ
みなみらんぼう 一歩二歩散歩 みなみらんぼう スローライフ
みなみらんぼう 青春の道標
主なエッセイ
その他へ
みなみらんぼうの花の50名山

メディアファクトリー 1,100円

花に誘われて四季折々の山へ.野の花の魅力と山歩きの楽しさを.
誰もが行ける50の名低山とともに紹介します。
秋の山のヴィオロン

二見書房刊 定価1,900円(税別)

読売新聞にて好評連載中の「みなみらんぼうの一歩二歩山歩」に
新たなエッセイ「山のよもやま話」と俳句を書き加えた最新エッセイ集。
みなみらんぼう山の詩 一歩二歩山歩II

中央公論新社刊 定価1900円(税別)

「読売新聞」夕刊で連載200回を超える人気連載「みなみらんぼうの一歩二歩
山歩」が、またまた素敵な単行本になりました。
前作「みなみらんぼうの一歩二歩山歩」に引き続き、”らんぼう”山の楽しみ方が
満載の一冊です。
今回も初級者から中級者まで楽しめる名山を数多く取り上げ、春夏秋冬それぞれ
の季節にあわせた、オススメの山々をご紹介します。
ぜひ本書を片手に山歩きにお出かけください。(図版・写真多数収載)
気軽にはじめる山登り らんぼう流スローライフのすすめ

PHP研究所刊 定価880円(税別)

高度経済成長時代を生きてきた私たちは、経済的な豊かさを手にすることが
できましたが、失ったものも多くありました。時間的なゆとりもその一つでしょう。
競争社会に生きる私たちは、常にスピードを要求されてきました。しかし、急ぐあまり
、目に入らなくなった風景もあります。人生は歩く速度がちょうどいい。 日常生活で
時間に追われ、ストレスがたまっている人は、山歩きにでかけると、きっとそう感じる
はずです。歩く速さは仲間と話しながら行ける速度であり、子どもと手をつないだり、
お年寄とも一緒に行ける「人間の速度」だからです。 本書は、山と花をこよなく
愛するらんぼうが綴る最初で最後?の入門書であり、登山 を通して自分なりの
「スローライフ」を発見するための手引き書でもあります。山登りは私たちの自然観や
人間観を深いものにしてくれます。「歩く速度への回帰」をすれば、きっと新たな人生
が見えてきますよ。(編集担当者の一言より)
みなみらんぼうの 一歩二歩山歩

中央公論新社刊 \2,000

読売新聞に好評連載中の、らんぼう流「山の楽しみ」をつづった軽妙なエッセイ。
イラスト・地図・写 真など情報も満載。おもしろくて役に立つ山のガイドブックです。
山からこんにちは

毎日新聞社 定価\1,400

『サンデー毎日』に好評連載されたエッセイをまとめたものです。
山を愛するすべての人に贈る“らんぼう流”山歩きの術がいっぱい詰まっています。
「山、それはぼくの至上の宝物」その魅力を充分味わってください。
らんぼうの温泉浪漫

弘済出版社 \1,500

『トランヴェール』連載中のらんぼうの温泉浪漫が一冊の本にまとまりました。
東日本エリアの名湯秘湯100ヶ所を選び、周辺の観光ガイドや温泉情報を
合わせて紹介。
写真は秋本満夫氏
ただいま雲の上〜らんぼう山日記

山と渓谷社 \1,400

山岳専門誌『山と渓谷』に連載されたらんぼう山日記を単行本化しました。
国内外の山に花を求め、美しい風景との出逢い、気の合う仲間達との感動の
山旅集。
イラストはおなじみ中村みつをのんき画伯。
みんなで家族の話をしよう

リヨン社 \1,500

家族とはいったいなんだろう?ソングライターらんぼうの家族へのまなざしを
あたたかく綴ったエッセイ集。
長女の誕生から積み重ねられていく数々のエピソードを通 してのユーモア
あふれる家族論は現代家族の格好のお手本です。
ぼくの中学生時代

ポプラ社
ちょっと山へ行ってきます
リヨン社
八ヶ岳キッチン

フレーベル館
■『ふわふわワウワウ』  旅行読売出版社
■『みなみらんぼう花登山のすすめ』  主婦と生活社
■『野菜の花』『果実の花』  丸善
■『らんぼう野の花散歩』  NHK出版
■『いやはやアマゾン無我夢中』  扶桑社
■『ぼくの人生は1/33回転』  旺文社文庫
■『たとえば気分は各駅停車』  PHP
その他へ